建物価格について

 各不動産会社のホームページを見渡しても、

 なかなか建物価格の査定の記載がないと思います。

  ないのも道理で、建築士や不動産鑑定士であるか、住宅会社の出身の不動産業者でなければ、建物価格の導出の仕方がわからない業者が多いのです。

 実際のところ、裁判所等の公的機関に提出するのであれば、根拠のある建物価格を判定するには、1級建築士か不動産鑑定士に依頼するのが正確でしょう。

 また減価修正しての残価率算定にしても、

税法の法定耐用年数をそのまま使い22年とするのが多勢です。 (税法では、木造住宅は22年で残存価値が1割になるとの定め)

建物査定の現価率(現在価格を算出する基礎)【 10.9×(経過年数÷耐用年数)】で表します。

 多くの業者は建物のことがよくわからないため十羽一絡げで20年経過したら建物価格なし、といわば査定を回避しているのです。

  果たしてそれでよいのでしょうか?

  宮城県沖地震を経て昭和56年建築基準法の新耐震基準が策定され、その後阪神淡路大地震を経験し、平成12年に最新の耐震基準が策定されてからの建物でも耐用年数22年なのでしょうか?

  品確法をクリアした長期優良住宅でも22年なのでしょうか?

  地震国なので欧米並みに70年とはできないでしょうが、

 「一律20年、22年で建物価格なし」は、疑問です。

  施工の質と量に応じて、経済的残存耐用年数は変わると考えるべきと考えます。

当社の実践的査定では、

 建物再調達原価は、建築統計年報に基礎を求め、

 また国交省土地・建設産業局の期待耐用年数の考え方に依拠し、 きめ細かく建物価格の査定を行っています。


お店情報

無料査定実施中です。お気軽にご来店ください。

栄町不動産サポート

〒030-0903

青森市栄町2丁目4番4号-1F

国道沿い・小鹿GS東寄り・田中つり具店隣り

Tel : (017) 752―1617

Fax: (017) 752―1619

https://www.sakaemachi-f.com

栄町不動産サポート 店頭お客様駐車2台可
栄町不動産サポート 店頭お客様駐車2台可
  • 宅建業免許 青森県知事  ( 1 ) 第 3484 号
  • (公社)全国宅地建物取引業協会会員
  • (公社)全国宅地建物取引業保証協会会員
  • 東北地区不動産公正取引協議会加盟事業者
  • 福祉住環境コーディネーター協会会員
電話をかける